インプラント矯正に関する基礎知識を知ろう
ロゴ

dental implant.com

インプラント矯正の魅力とは?最近話題のオールオン4

矯正歯科の役目

矯正歯科は、患者が悩んでいる悪い歯並びや噛み合わせをきちんと噛み合うようにして、綺麗な歯並びを作る歯科治療です。矯正歯科で取り扱っている治療法はクリニックによって違いますが、今や実に沢山の種類の矯正治療が登場しています。その為、最近では藤沢、埼玉で矯正歯科を受ける方も多いのです。

矯正治療で依頼が多いケース3選

no.1

出っ歯(上顎前突)

上の前歯が強く前に傾斜していたり、もしくは上の歯並び全体が前に傾斜していたりする症状、いわゆる出っ歯でのお悩みは矯正治療の依頼が最も多いです。この上顎前突の状態では口を楽に閉じることができまんし、顔の怪我で前歯を折ったり、唇を切ったりしやすいです。上顎前突は自然的に治ることはありませんので、症状にお悩みの場合には即治療した方がいいでしょう。

no.2

受け口(反対咬合)

下の歯が上の歯よりも前に出ている噛み合わせを反対咬合を言います。この反対咬合は上下の前歯の傾きに問題がある場合と下顎が大き過ぎたり、反対に上顎が小さ過ぎたりすることで形成されていくものです。反対咬合は、上顎前突と同様に自然的に治療することができないため、矯正治療を行なう必要があります。

no.3

顎変形症

顎変形症は上顎前突、反対咬合とは違い、特定の場所が大きくなり噛みにくい状態になっているというわけではありません。その症例は様々で、「下顎が曲がっている」「歯と歯のバランスが不自然」といったケースなどが代表的でしょう。顎変形症は他の矯正治療とは違い、保険が適用できる唯一の治療です。

インプラント矯正に関する基礎知識を知ろう

歯

インプラント矯正って何?

インプラント矯正は、インプラントと呼ばれる小さなネジを顎の骨に埋め込み、固定源として矯正していきます。このインプラント矯正で使われるインプラントは一般的なデジタルインプラントとは違います。直径で言えば、15ミリ〜2ミリ程度の大きさで、治療後にはすぐに抜いてしまうものなので、治療のトラブルも少ないです。
そして、このインプラント矯正のメリットとしては、インプラント埋込による強固な固定源の確保が一つとして挙げられます。従来のインプラント治療の場合、奥歯を支点として治療を進めます。その為、奥歯の負担を最小限にする為に、動かす力のサジ加減を調整する必要がありました。しかし、インプラント矯正の場合、強固な固定源を確保している為、動かす力を調整する必要がなく、短期間で矯正することが可能です。

インプラント矯正でも最新の治療

インプラント矯正の中でも、最近注目されつつある治療法があります。それが、「オールオン4」と呼ばれる矯正治療です。オールオン4は総入れ歯や多くの歯を失った方に、4本のインプラントを片顎にバランスよく埋込し、その部分を支点として固定式の仮の歯を入れます。本来、歯を失った場合には、インプラントか差し歯を埋め込むという選択肢しかありませんでした。しかし、このオールオン4が登場することで、藤沢、埼玉ではオールオン4を選ぶ方も増えつつあります。また、このオールオン4は一本単位で比べると従来のインプラント治療の方が機能性には優れています。ですが、インプラントを数本以上も埋込するには、それなりに費用がかかってしまいます。その点、オールオン4はインプラントは4本のみなので、費用は格段に安くなります。その為、総入れ歯や多くの歯を失った方には、オールオン4はオススメできる矯正治療と言えるでしょう。

まとめ

こちらでは、インプラント矯正についての記事をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?インプラント矯正は、矯正治療を出来る限り短くしたいという方にとって最適な治療方法になります。普段の歯並びや噛み合わせに不満、あるいは審美性に悩んでいる場合には、インプラント矯正を検討してみてもいいかもしれませんね。

広告募集中